About Us

広範囲な経験:

Keating & Bennett, LLPは、2000年の創設以来、主に日本のクライアントの皆様の多様なニーズに合わせたサービスを提供してきました。また、所長のKeating弁護士は、1993年から日本企業と密接に知財関連業務に関わってきました。当事務所の弁護士達は、米国特許庁の審査官時代の広範囲にわたる経験を生かし、特許出願、権利化やカウンセリングなどの案件において、日本企業の皆様と親密な関係を築いてきました。特に長年にわたる審査官としての経験から、特許庁の審査手続きや仕組み、及び審査官や審判官達を熟知しており、その結果、クライアントの皆様には大きな利益をご提供しています。

 

ユニークな無料品質管理システム:

Keating & Bennett, LLPは、質の高いサービスを非常にリーズナブルな料金でご提供することに注力しています。ユニークな品質管理システムを採用しており、全ての新規特許出願、Office Actionへの応答書面、その他の特許庁への提出書類はすべて、3人の弁護士とアシスタントが、追加料金なしで徹底的にチェックしています。

 

リーズナブルな料金で高品質なサービス: 

Keating & Bennett, LLPは、日本のクライアントの皆様に、非常にリーズナブルな料金で高品質なサービスをご提供できるよう常に努力をしています。我々は、米国特許プロセキューションに対するユニークで効率的なアプローチにより、同等の経験値を持つ他のほとんどの事務所よりも安い料金体系を実現しています。その結果、2013年度の年間特許取得件数ランキングにおいて、同規模事務所の中で全米トップ(全271事務所中57位)になりました。我々は、他の事務所のように、料金を毎年自動的に引き上げるようなことは致しません。また、フレキシブルな料金体系、及びボリュームディスカウントや費用上限の設定などをご提案することにより、クライアントの皆様が米国特許を取得する目的を、ご予算の範囲内で実現しています。

 

日本のクライアントの皆様との親密な関係の構築:

Keating & Bennett, LLPは、日本企業に最高品質のサービスを提供し、一方で料金を最小限に抑えるためのあらゆる努力をした結果、クライアントの皆様との長期にわたる強固な信頼関係を築いてまいりました。1年に数回、日本を訪問し、知財部員や、発明者、及びビジネス関係者の方々と直接顔を合わせた打ち合わせをすることにより、クライアントの皆様の技術、製品、特許に関する全てのことを学ばせていただき、深く強固な信頼関係を築いて、より効果的なサービスを提供することを実現しています。さらに、日本のクライアントの皆様には、当事務所独自の包括的なトレーニングプログラムを無料でご提供しております。詳細はClient Training Programsの項目をご参照下さい。

 

日本人スタッフとプロ翻訳家:

Keating & Bennett, LLP では、日本のクライアントの皆様とのコミュニケーションや連携を、より簡単、かつスムーズに行えるよう、口頭、及び書面の両方において日本語のやり取りが出来る日本人パラリーガルが常勤しており、実際の特許案件のやり取りに加え、当事務所での研修に参加される研修生の方々のサポートもさせていただいております。

また、日本語を母国語とし、特許翻訳の専門資格を持つ経験豊富な翻訳家が、日本語の特許明細書からの英語翻訳を、高品質、かつ非常にリーズナブルな料金にてご提供しています。

 

フレキシブルにカスタマイズしたサービス:

Keating & Bennett, LLPは、最大限のフレキシビリティをもってサービスをご提供しており、クライアントの皆様の多様なご要望やご都合に応じ、我々のプラクティスを適応させています。シンプルに言えば、日本企業の皆様それぞれのニーズとご要望に応じた非常にフレキシブルな対応をさせていただきます。そうすることにより、Keating & Bennett, LLPは、それぞれのクライアントに焦点を当てた、特別なサービスをご提供し、効率性と、ご意図に沿ったご協力を確かなものにしています。また、クライアントの皆様の特許やビジネスに関する特許ライセンスの可能性、競合他社の動向や特許取得状況、判例の動向、手続きやルールなど、クライアントの皆様の知財活動に影響を及ぼす可能性のある事柄についてのアドバイスも主体的にご提供させていただいております。更に、ある日本のクライアントの皆様に対しては、米国特許訴訟において、社内弁護士として機能し、訴訟手続きのコーディネートやサポートをさせていただいております。