弁護士 クリストファー ベネット

 

 ベネット弁護士は、米国特許弁護士として、15年以上、日本のクライアントの皆様の特許プロセキューション案件に従事しています。またクライアントの皆様に対する研修プログラムの監督、責任者でもあります。

 バージニア工科大学で電気機械工学の理学士号を取得し、ジョージメイソン大学ロースクールで法学の学位を取得しました。米国特許庁で10年以上、上級審査官として勤務し、電気機械分野の発明のうち、主にコンピュータープリンタや印刷技術を専門としていました。米国特許庁から優秀業績賞を受け、審査官に対する研修の責任者でもありました。